全国一律送料無料!定期便は15%OFF

EAAとBCAAの違いを理解しよう

「EAA」「BCAA」というアミノ酸をご存じでしょうか。名前は聞いたことがあるけど、なにが違うのかわからないという方も多いはず。

このコラムで「EAA」「BCAA」それぞれの成分や役割などを比較して、理解を深めるとともに、アミノ酸選びに役立てていただければ幸いです。

2つとも身体には欠かせない

必須アミノ酸は体内で合成することのできない栄養素で、体外から摂取する必要があります。身体を構成する20種のアミノ酸のうち9種類が該当します。

EAAとBCAAはいずれも必須アミノ酸のため、身体の機能を構成する際に欠かせない成分を含んでいます。

EAAとBCAAの違い

EAA
Essential Amino Acids(必須アミノ酸)

BCAA
Branched-Chain Amino Acid(分岐鎖アミノ酸)

2つのアミノ酸はそれぞれの頭文字をとった略称です。
前述したように、EAAは必須アミノ酸を表します。アミノ酸の中でもとくに欠かせない9種類で、身体の成長時に重要な栄養素です。また、身体の組織やホルモン神経伝達物質の材料でもあり、丈夫な身体づくりに役立ちます。

GronG(グロング)にはEAAの中にも2種類の商品があります。まずはEAAからご紹介します!

EAA

EAAパウダー

必須アミノ酸のうち「ヒスチジン」というアミノ酸は、子どもの体内では作られないのですが、大人の体内では作り出せる少し変わったアミノ酸。それらを考慮した上で、必須アミノ酸8種類にトレーニング時に大切な非必須アミノ酸を加えたEAAシリーズ。

クレアチンのもとになるグリシンと、エネルギーの代謝に作用するアスパラギン酸を加えています。また、アミノ酸特有の苦みを押さえるような配合にもなっているんです。
フルーツ風味を中心に豊富なラインアップをご用意していますので、好みに合わせて選んでいただけます。

EAAパウダー 500g / 1kg
EAAパウダーを見る≫

COMPLETE EAAパウダー

もうひとつは、必須アミノ酸9種類全てが含まれたCOMPLETE(コンプリート)EAA!
こちらは人気のエナジードリンクを筆頭に、運動中にも飲みやすいさっぱりした風味をご用意しています。1食ずつ味を確かめられるトライアルパックもございますので、ぜひあなたのお気に入りを見つけてみてくださいね。個人的にはピンクグレープフルーツ風味がおすすめです。トレーニング中にもゴクゴクいけます。

いずれにせよ、EAAは必須アミノ酸を網羅的に摂取できる特徴があります。
大は小を兼ねるといいますから、アミノ酸を充分にチャージして、安心して身体づくりに取り組みたい方におすすめです!

COMPLETE EAAパウダー 500g / 1kg
COMPLETE EAAパウダーを見る≫

BCAA

BCAAパウダー

一方でBCAAは、必須アミノ酸のうち「バリン・ロイシン・イソロイシン」の3種類からなります。BCAAは主に筋肉に存在し、運動中のエネルギー源となるほか、筋肉の材料として重要です。とくにロイシンには、運動時に必要になる筋肉としての材料、幼児期の成長時に必要な栄養素としての側面があります。

ただし、BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)だけでは筋肉を合成できません。20種類のアミノ酸が不足していると、身体は体内の別の場所から分解してアミノ酸を捻出し、必要な部分にあてようとします。文字通り「身を削っている」わけですね。

BCAAがうまく機能するのは、あくまでも「身体を作る材料であるアミノ酸を十分に摂取できている」ことが前提になります。食事のバランスが崩れているとあまり意味がないのです。

日常的な食生活において、バランスよく充分にタンパク質やアミノ酸を摂取出来ている方は、トレーニング中の水分、栄養補給として取り入れていただくのもおすすめです!

フレーバーは運動中に飲みやすいさっぱりしたものが中心です。どれも甘さ控えめで、すっきりした味わいが特徴ですが、特に個人的なおすすめはヨーグルト風味!優しい甘さが、運動中の高揚感を落ち着かせてくれて、いいリフレッシュになるんです。
参考になれば幸いです。

BCAAパウダー 500g / 1kg
BCAAパウダーを見る≫

まとめ

EAAとBCAA、いずれのアミノ酸も身体づくりにおいて決して欠かせないことはご理解いただけたでしょうか。
日々の食生活や運動習慣、目的と照らし合わせて、ご自身の好みにあったものを選択できるのが理想ですね。

アミノ酸商品一覧≫
このページをシェアする
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE